Kurt Huffman


 

Company: Chefstable

Profile: 生まれも育ちもポートランドのKurt Huffman氏は、自身が築いたレストラングループ「ChefStable」を”小さな会社”と表現する。それは決して謙遜から出た言葉ではなく、シェフ主導で自由な、ポートランドらしい考え方に基づいている。彼は自身の経験を活かし、シェフのビジョンは聖域として守りながら、常に新しいパートナーとの協力関係を築き上げてきた。彼が目指しているのは、レストランのアイデンティティにこのビジョンを反映させること。そして実際にそれを成功させてきた。ジェームズ・ビアード財団賞にノミネートされたAaron Barnettの「St. Jack」を始め、Greg & Gabi Dentonの「Ox」、Rick Gencarelliのカジュアル・サンドウィッチ・ショップの「Lard」などが代表的だ。ビジネスのルーツは、彼が10歳の時に始めたクッキングクラス。その4年後、彼はMultnomah Villageにある Fat City Caféで皿洗い兼グリルのコックとして働き始めた。カリフォルニア大学バークレー校で学ぶつもりだった彼だが、25歳の時に居たのは何故かスコットランドだった。グラスゴー大学での法学修士取得の傍ら、ラグビーとビールの飲み歩きを両立する日々を送る。フランス人の友人がリヨンでビジネスをしないかと持ち掛けた時も、彼の頭に浮かんだのはビールだった。「25歳の自分にとって、それは当然のことだったのさ」。彼らの立ち上げた醸造所は、「ニンカシ」と呼ばれるパブレストランになり、彼がフランスを去る頃には5つの店舗を構えるまでになっていた。

故郷であるポートランドに戻った彼は、2008年にChefStableを立ち上げる。一人ひとりのシェフのビジョンを叶えるレストランを創るというミッションを掲げて。彼のビジネスは主に口コミで広がり、今もなお成長を続けている。

日本語/ENG